グラブルあんま関係ない

プリコネRは何故Google Playでセルラン1位になったのか?

コッコロ(ニューイヤー)についてお話しします。

(画像はグランブルーファンタジーでのコッコロ)

【Google Playランキング(1/18)】Cygames『プリコネR』が初の首位獲得! Yostarの新作『アークナイツ』は48位に登場! | Social Game Info
【Google Playランキング(1/18)】Cygames『プリコネR』が初の首位獲得! Yostarの新作『アークナイツ』は48位に登場! | Social Game Info

1月18日12時現在のGoogle Playの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、Cygamesの『プリンセスコネクト!Re:Dive』が首位に立った。『プリコネR』は、期間限定キャラ「コッコロ(ニ ...

続きを見る

 

上の記事の通りプリンセスコネクトRe:DiveがGoogle Playのセールスランキングで初の1位となった。

記事内でも言及されている通りAppStoreでは何度も1位を取っている。

 

Google PlayとAppStoreの違い

何故このような現象が起こるかというと、Google Playのランキングの更新間隔がAppStoreより長い為である。

逆にAppStoreはセールスランキング更新間隔が短いので瞬間的にガチャが回れば1位を取れる。

つまり、Google Playではそうとうガチャが回らないと1位になれない。

 

Google Playでセールスランキング1位を取るゲームというのは圧倒的にユーザー数が多いモンストなどのゲームである。

一方でプリコネRはプレイヤーが使用できるキャラクターが全員女性である。

つまり、完全に男性向けのゲームでここまでのガチャが回ったのはすごいことである。

 

ただ、今回プリコネRのガチャがここまで回ったのは当然かと言える。

何故なら今回追加されたコッコロというキャラはみんなのママだからである。

 

コッコロというキャラクター

コッコロはプリコネRにおいてプレイヤーの手持ちに最初からいるキャラクターの一人。

11歳という設定ながら主人公を主さまと呼んで、甲斐甲斐しく主さまをお世話をするのだ。

あまりのママぶりにグーグル検索のサジェストでも「コッコロ ママ」が普通にでてくる始末。

この殺伐とした現代社会においてばぶみを求めてしまうのは致し方ないことなんだろう。

 

ニューイヤーコッコロ、ガチャ実装までの経緯

そんなキャラクターだが今までガチャでは実装されてこなかった。

プレイヤーの手持ちに最初からいるキャラクターは3体いる。

ペコリーヌ、コッコロ、キャル

2018年夏にその3人の水着が発表された。

そのうち、水着ペコリーヌと水着キャルはガチャからの排出となった。

しかし、水着コッコロはイベントを進めると必ずゲットできる配布キャラをして実装される。

ソシャゲにおいて水着はガチャが回る需要な要素である。

それにも関わらずコッコロを配布にしたのは運営の良心か果たして見込み違いだったのかは不明である。

 

そして2019年の年末に3人のニューイヤーバージョンが発表された。

2019年12月ニューイヤーキャルが実装された。

その性能がかなり良かった為、かなりの石が消費されたであろう。

 

そして2020年1月16日にニューイヤーコッコロがガチャで実装された。

プリコネユーザーほぼ全員が衝撃を受けたであろう。

主さまに使えるコッコロがガチャから出るわけがないと現実逃避をする人。

ガチャ画面にコッコロがいるなんておかしい!これは夢だと泣きわめく人などがでる始末。

 

前述した通りニューイヤーキャルで石を放出した人も多く、課金せざるおえない状況になったのである。

そして、あまりのニューイヤーコッコロほしさにユーザーが課金しまくったのである。

そう、コッコロはみんなのママだから。

その結果Google Playのセールスランキングでも1位になったというわけである。

まとめ

・Google Playのセールスランキング1位はすごい。

・年末に石を消費していた。

・コッコロがガチャで出現という破壊力がすごかったのでガチャが回った。

-グラブルあんま関係ない
-

© 2020 いっけぐらぶる