キャラ評価

【グラブル】イルノートの性能解説・評価・おすすめのLB振り方

いっけ

2015年7月からグラブル開始。Rank241。 ヴァンピィがほしくて10万円入れたり(結局出なかった) アンチラ引くのに43万かかったりしている。 毎月天井、毎月課金。 ルシソロ全属性クリア

イルノートの評価

総合評価

スロウとディスペルが使えるアタッカーといった所。

アビ3に火属性キャラに奥義ゲージUP(100%)もあるので奥義バーストキャラとして使える。

味方のアビリティの種類に応じてイルノートに付与される特殊強化が変化する。

なので、雰囲気でポチポチしてると狙った効果が得られない場合があるので注意。

 

全体的にスペック高めなので初心者から使いやすいキャラ。

色々と良い性能が揃っているので高難易度でも出番があるかも。

 

奥義ゲージ上昇と特殊技に反応する性能から古戦場の肉集め(奥義軸)向けキャラでもある。

あと、めっちゃ可愛い見た目と声が最高である。

サポートアビリティ1 ナイトキング

性能

バトルメンバーが使用したアビリティに応じて自分にドープを付与

◆ドープに応じた強化効果を得る(1つのみ)

イルノートの特殊仕様であるドープについてまず解説。

イルノートも含むバトルメンバーがアビリティを使用するとイルノートにドープが付与される。

ちなみに、初期状態は何もなし。

メモ

開幕直後の状態 ステータス効果欄に何もないのが確認できる。

攻撃アビリティを使用 → ドープ 赤

弱体アビリティを使用 → ドープ 青

回復アビリティを使用 → ドープ 緑

アビリティアイコンと同じ色のドープが付与される。

アビリティを押す度に色が更新されるので、適当にポチポチするとほしい効果が得られないので注意。

強化アビリティはランダムになる。(強化アビリティのアイコンは黄色)

ドープに応じた強化効果

赤 → 攻撃UP(久遠枠20%)/奥義ダメージUP(30%)

青 → 火属性追撃効果(10%)/連続攻撃確率UP

緑 → 活性効果(上限500回復、HP最大時奥義ゲージ10%UP)/攻撃開始時に弱体効果を1つ回復

強化効果はイルノートのみに発動

 

奥義 キル・ザ・シティ

性能

火属性ダメージ(特大)

ピースを1つ付与

ドープに応じて追加効果

◆ピース3消費:全ての追加効果が発動

メモ

ピース自体になにか効果があるわけではない。

ドープに応じて追加効果の内容

赤 バーナーボムが発動 → アビリティ1が発動 (ダメージと自分の攻撃UP(累積)・奥義ゲージUP(20%))

青 イグジット・スルーが即時使用可能になる → アビリティ2が発動可能になる(ディスペル・スロウ)

緑 味方全体のHP回復(上限1,000)/バリア効果(1,000)

特に青のアビリティ2が発動可能になるが色々と可能性を秘めている。

高難易度コンテンツにおいてディスペルとスロウは重要な要素なので出番があるかもしれない。

サポートアビリティ2 グラビティ・グラフィティ

性能

敵が特殊技を使用時にバーナーボムが発動/自分にピースを1つ付与(最大3)

ピースの付与方法は、奥義とこのサポートアビリティになる。

敵が特殊技を使用すればいいので結構な頻度で貯まる。

アビリティ1 バーナーボム

性能

敵全体に火属性ダメージ(4倍・上限約36万)/自分の攻撃UP(別枠10%累積最大50%)/奥義ゲージUP(20%)

使用間隔5ターン

使用間隔は5ターンと短いのでリキャストごとに発動すればよい。

更にイルノート奥義時・敵が特殊技使用時に発動するのでかなりの頻度で発動する。

注意

自分の攻撃UP(累積)は敵のディスペルで消去される。

(消去不可がない)

アビリティ2 イグジット・スルー

性能

敵にスロウ効果/強化効果を1つ無効化

使用間隔6ターン

使用間隔が6ターンと標準的なターンだが、奥義の追加効果で再発動可能にできるのが強み。(条件はあるが)

スロウとディスペル同時発動は若干使いづらい面はあるが、それでも優秀なアビリティには違いない。

アビリティ3 イル・ナイト

性能

火属性キャラ単体のHPを回復/(上限5,000)弱体効果を全て回復/奥義ゲージUP\(100%)

使用間隔10ターン

火属性キャラ限定だが、イルノート自身にも使用可能で開幕から使えるのもよい。

注意

奥義ゲージUP(100%)なので奥義即発動と違う点に注意。

奥義ゲージ上昇量の効果を受ける。

以下の画像は奥義ゲージが溜まりにくいシヴァに使用した例。

(イルノートのLB奥義ゲージ上昇(10%)有り)

100%にできない状況が発生するのは覚えといたほうがよさそう。

使い方

通常攻撃時に青ドープ

奥義時に赤ドープ

になるように意識する。

強敵相手の場合は、奥義時に青ドープ緑ドープで支援に回る形になる。

LB(リミットボーナス)の振り方と狙いたい指輪効果

おすすめLB

奥義ゲージ上昇量

奥義ダメージ上限

アビリティダメージ上限

奥義ダメージ

あとはお好みで、高難易度で使う可能性を見越して防御もいいかも。

狙いたい指輪効果

アビリティダメージ上限

奥義ダメージ上限

まとめ

ドープシステムさえ理解すればあとは特に難しい性能はない。

色々できて便利なキャラではあるが、逆に言えば器用貧乏とも取れる。

最近の恒常キャラの性能だなぁといった感想。

 

特殊技に反応してダメージアビリティが発動するので古戦場の肉集め向き。

ちょっと足りない場合はアビ1を発動すれば1ポチでかなりのダメージを稼げる。

(アビポチで1回発動、奥義の追加発動で1回で1ポチで2回発動することになるから)

 

フェイトエピソードは必見。

 

動画でみるイルノート

 

アビリティの詳細な数値はへかてさんのブログ記事を参考にしました。

  • この記事を書いた人

いっけ

2015年7月からグラブル開始。Rank241。 ヴァンピィがほしくて10万円入れたり(結局出なかった) アンチラ引くのに43万かかったりしている。 毎月天井、毎月課金。 ルシソロ全属性クリア

-キャラ評価
-, ,

© 2020 いっけぐらぶる