【グラブル】ドランク(火属性バージョン)の評価

ドランク(火属性バージョン)の評価。

評価点

初心者向け評価 7/10点

敵に様々な弱体効果を付与できる。

いると便利的な感じ、火力はない。

上級者向け評価 6/10点

ダメージはでないので高難易度に採用することになる。

ただ、スロウやディスペルやHP回復がなく意外と使いづらい。

アビリティ2が味方全体効果だったらなぁという感想。

(味方全体だったらリミテッドキャラになりそうだけど)

古戦場肉集め評価 3/10点

アビリティ3に火属性防御ダウン

回避時にアビリティダメージが発生。

基本的には肉向けではない。

総合評価 6/10点

敵に各種弱体を付与できる点は強い。

性能的に強敵相手に編成されるキャラ。

が、その割にいざ使ってみると物足りない要素がある。

その辺りがリミテッドキャラとの違いかなぁといったところ。

 

以下、性能紹介

奥義 レキング・ザ・スフィア

・火属性ダメージ(特大)

・敵の全ての攻撃を回避(1回)

 

回避は強い。

アビリティ1 ヴィオラチェウス

・敵全体に火属性ダメージ

・弱体耐性DOWN(累積)

・攻撃DOWN(累積)

使用間隔:6ターン

フルオート時:使用する

 

累積弱体耐性ダウンは貴重、長期戦向き。

回避時に発動するので維持しやすい。

アビリティ2 プリヴェンダー

・火属性キャラ単体にディスペルガード

・バリア効果

・敵の全ての攻撃を回避(1回)

使用間隔:8ターン

フルオート時:使用しない(単体アビリティの為)

 

かばうと組み合わせると効果を最大限に発揮できる。

いずれの効果も消費するまで永続なのでかばうがなかったらとりあえずかけとくのもありっちゃあり。

アビリティ3 アウト・オブ・ザ・フォグ

・敵のCTを1つ増加させて風属性DOWN(180秒)

・火属性防御DOWN(180秒)

・特殊技ダメージDOWN(個別4ターン)

※敵のCTがなかったり、CTマックス時は効果が発動しない

 

敵のCTを増加させてしまうが、敵に弱体効果を付与できる。

スツルム(水属性)と違って敵の攻撃力を下げている。

なので、スツルム(水属性)よりはデメリットは気にならない。

サポートアビリティ1 煙浪の閃き

・攻撃してきた敵の弱体効果の数に応じて回避率UP

 

自身でも5つ弱体効果を付与できる。

火属性はアニラやタヴィーナで弱体効果の数を盛れるので属性とマッチしている。

サポートアビリティ2 怒濤の遊兵

・自分が回避成功時、ヴィオラチェウスが発動

 

結構回避するので発動機会は多い。

LB(リミットボーナス)

優先度高

・弱体成功率

・回避

 

あとは割と自由、TAや火属性攻撃に振りたいかな。

狙いたい指輪効果

・回避

弱体成功率は自身で弱体耐性さげれるからなくてもいいかな感はある。

まとめ

スツルム(リミテッドバージョン)と組み合わせるとなかなかいい感じになる。

スツルムと同時編成してねというキャラコンセプトを感じる。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
上へ
目次
閉じる